ホーム>手足のしびれ

手足のしびれ

手のしびれ

腕から手先にかけてしびれたり痛かったりという方

手のしびれ

最近、「手がしびれる原因はストレートネック」と聞かれた方もいらっしゃると思います。
これは、現代社会の仕事がパソコンに向かっている時間が長く首がうなだれている時間が長く、その結果、本来であれば横から見ると少し前弯がある頚椎部が、その前弯がなくなりストレートになりそこに負担がかかり頚椎部が狭窄したりヘルニアを起こして、そこから出る腕から手に行く神経が傷害されるということです。

たしかに、パソコンに限らず首がうなだれる仕事はたくさんありますので、「肩の痛み・コリ」の所でも申し上げましたように背中を伸ばして肩や頚椎部に負担がかからないような姿勢にする事が、ストレートネックを改善してして行く事になると思います。

 

足のしびれ

坐骨神経痛と大腿神経痛

足のしびれ

坐骨神経痛と言うと、下肢の痛みだと察する方は多いと思いますが、これは、おしり(臀部)から太腿の裏側、膝から下の裏側又は、膝から下の外側にかけての痛み、痺れの症状の事です。
この坐骨神経は腰(腰椎部)の下の方から出る神経で、そこに、皆様も耳にした事があると思います椎間板ヘルニア(神経の出る所の椎間板が出っ張って神経を押さえてる状態)がおこり下肢が痛い、痺れる事になったり、又は腰が歪んで神経のでる所を痛めたりする症状の事です。
この腰の下の方は、平常でも立っていたり、座っている時に一番体重が掛かり、付加が掛かる所で、この症状に至るまでの経過が長い事が多く、症状をとりのぞくまで少々時間が掛かる事が多くなります。
一方、太腿の外側から膝にかけて痛い、痺れると言う症状(大腿神経痛)は、腰の中間から出る神経で、坐骨神経痛よりは、部位的にも付加が少なく、比較的に症状は、早くとれるようです。